学校のドリルの宿題

学校の宿題を終えるために

学校の宿題でドリルが出たら

学校の長期休みに宿題としてよく出されるのが、ドリルです。毎回休みの終わりごろになってから焦りだす子ども達も多いかと思いますが、休み期間中に宿題を終わらせるポイントがあります。それは、休み終了の1週間前から取り組み始めることです。初日から終わらせては、休み明けの学校のテストまで学習内容が頭に残っているか不明ですし、しっかりと計画を立てていても最後まで遂行できるかどうか分かりません。それならば、1週間前から毎日しっかりと取り組むことで、休み明けでも勉強内容が頭に入っているし、焦りも手伝って最後までドリルをやり切ることが出来るはずです。

宿題の量について親の意見

子供を見ていると毎日学校へ通い、家に帰っては宿題が出されているというのが普通ですが、それが義務教育だから当たり前とは思えません。 子供にとっては勉強が今やる仕事でありますが、宿題の量を親の目線で見ていると多量ではないかという意見をよく聞きます。 確かに昔から家に帰っても勉強は与えられていましたが、現在の教育は非常に高度であり親にはもう教えられないレベルになっています。 一日学校で勉強と運動で疲れ帰ってからも、さらに勉強をしなければならないというのは大人の仕事と同等の行いとしてもう少し負担を減らしてあげたいそんな気持ちになります。

↑PAGE TOP